FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤーワーク

先日、イベント会場にて、ワイヤーワーク体験をしました。

難しいところは、ワークショップの先生にしていただいて、
後は、「お好きなように。」とのこと。
(とは言っても、沢山手伝っていただきましたよ?)

初めて『ワイヤー』なるものを扱いまして、
ワイヤーさんからは、
≪そっちには行けない≫ とか、≪やばいよ、やりすぎると弱るよ≫ 
とか、色々教えて頂きつつ。
じゃあ、どうしろと?なんて聞きながら、何とか形になりました。
かなりハードな要求をしたようで、
ワイヤーさんは、大分疲弊されたご様子でした。
お疲れ様でした。切れないで下さいね。

2013-07-27 初のワイヤーワーク

出来上がってみると、ヘナを描いているせいか、二次元仕様。
まあ、これはこれでかわいいかな、と自画自賛してみました。

次回があれば、三次元に挑戦です。
スポンサーサイト

縁と変化

ちみちみ、地道に、ヘナアート描いてます。

最近は、「何しているの?」と聞かれると、
「ヘナアーチスト。(自称。)」と答えることにしています。
ヒーラーというと、範囲は広いし、リンパドレナージというと
必ずある程度の説明が必要ですし、軽ーく答える時に使っています。

さて、先日、以前お会いしたことのある、野蚕糸の工房の方と
再度、お話しする機会がありました。
ヘナを仕込んで3日寝かせた後なので、右の人差し指がとっても濃く
染まっている状態ででしたので、一目で、「ヘナ染めだね」 と
看破していただけました。
(以前お会いしたときは、ヘナアートはしていませんでした。)
たまたま(?)カメラに私の描いたヘナアートの写真が残っていたので、
見て頂けて、かなり薄くなっていましたが、実物も見せました。
そこからヘナ染色の話になり、布への染色方法を教えて頂き、
ヘナから大豆へ内容が移り、ベランダガーデンの話になり、
お手軽・台所の生ごみから良い肥料の作り方、
美味しい料理の作り方、循環型家庭菜園について等、
色々教えて頂けました。
おまけに、「うちで働かんか」という内容のことを
(本気ではないと思いますが)言っていただけたりと、
なかなか楽しい、充実した時間を持つことが出来ました。

そこの工房では、黒檀にデザインを掘り込んで作った道具を使って、
染色されています。黒檀位硬い木でないとすぐ欠けたり割れたりしてしまうそうです。
2013-07-25 美装会①
とっても硬い木に、何て細かい細工なのでしょう。
ほれぼれしてしまいました。

それから、教えて頂いたことをとりあえずメモを取って、
それに基づき堆肥を作ったり、栽培計画を立てたりしました。

そして、ヘナアートもいつものように描いたのですが、
ちょっと様子が変わったのです。以前から、若干は感じていたのですが、
絵を描いていても、この絵は描きたくない、落ち着かない、等、
急にはっきりして来ました。

今回のことにより、感性も大切にして、楽しくて嬉しいと思うことを、
行動に起こしていこうと、再度心に刻んだ次第です。

赤い雪だるま。

ミニトマトを育てていますが、いろいろな形のものが出来ます。

標準は、球形とラグビーボールの形。
その他、ポコポコトマトやぼこぼこトマト等色々です。

その中で、一押しはこれです。

その名も「赤い雪だるま」。

どうやら2つの実が近くで育ちすぎて、引っ付いた様です。

夏の完熟トマトの収穫は、カラスとの戦いです。
カラスに勝敗が上がり、残骸が土の上に残った場合、
そのまま放置すると、ものすごい数のトマトの芽が出てきます。

今2㎝ほどです。
この時期から育てて、収穫できるのでしょうか??

とりあえず、試してみます。

2013-07-10 雪だるまトマト

あぁ、そうか。

「両家の集合写真が撮りたい。」
その一言で、一族が集まることになりました。

両家には、いろんな家族がいて、いろんな事情があり。
そして何かしらの形で皆、つながっています。
それは、世界中のあらゆるものとつながっているのと
同じことだと。

突然。
「私は(三国一の?)果報者だ。」
そう、思いました。

私の周りの人たちは皆、私にやさしくしてくれます。
私のためを思って叱ってくれます。
私の鏡になってくれます。
良い鏡にも、反面教師の鏡にも。

とても、恵まれていると、改めて実感しました。
嬉しくてなりません。
皆様、本当にありがとうございます。

私の行動が、
周囲の方々が幸せになるお手伝いとなるよう、
生きていきたいと思います。


自分では撮れないので、甥っ子に撮影をお願いしました。
未成年とはいえ、とても上手に撮ってくれました。
嬉しかったです。ありがとうございました。

2013-06-30 写真撮りの白無垢
プロフィール

shinonomeya

Author:shinonomeya
庭のない場所で、如何にどれだけゆったりまったり生活出来るのかを楽しんでいます。植物を愛でたり、ヘナで絵を描いたり、チクチクしたり。いろんな仲間との交流も原動力の源です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。